自分の地域で補助金がどれくらい下りるかのチェック

暖房費用などが必要になる北海道

北海道は全国でもエネルギーに関するコストが高い地域とされています。寒い時期が多く、年間のうち半分近くを雪の中で過ごします。電気による発電より、燃料で自宅内を暖める仕組みが多くなっています。
北海道地区では、色々なエネルギーに関する設備の補助金が設定されています。太陽光発電が中心ですが、それ以外にもガスで発電をするしくみなどにも補助券が設定されています。そして、補助金の額も高めに設定されています。全国的には10万円以内の所が多いですが、ある市の場合は発電設備で20万近く、蓄電システムで50万近くまで補助金を受けることが出来ます。それぞれ元の設備も高いですが、補助金が多いと導入もしやすくなります。電気の利用も多くなるかもしれません。

電池容量と申し込み期間のチェック

太陽光発電の設備は、電気の問題を大きく変えるとされています。そのため、国などが積極的に導入を勧めることが多いです。ただ、常に補助金制度を設けているわけではなく、国が行っている補助金制度は今はありません。もちろん将来的には復活する可能性はあります。
都道府県では、東京などが行っている場合があり、各市区町村でも行っているので、ダブルの補助金が受けられます。補助金の計算方法として、電池容量があります。どれくらい発電できる装置を取り付けるかによって、補助金の金額が変わります。多く発電できる仕組みを持っている方が、より補助金も多くなります。申し込みの期間としては、3月末までにしているところが多いです。それ以降も行う地域があるでしょう。

© Copyright Saving Electricity. All Rights Reserved.