設置後シミュレーションどおりいってるかをチェックしよう

太陽光発電は設置する地域により発電量が異なります

太陽光発電には発電効率と言う電気がどれだけ出来るのかを示す数値があります。太陽光発電は太陽エネルギーを利用した発電システムで、太陽エネルギーを100とした時に、どれだけの電気が出来るのかが発電効率です。
発電効率が100になる条件は、ソーラーパネルの向きおよび傾斜角度が重要なポイントになっていて、太陽が最も南に向いている時に発電量が多くなるため、ソーラーパネルの向きは真南、傾斜角度は30度の時に発電効率が最大になります。
地域により1日の日照時間が異なるので、地域毎に発電量は異なりますが、設備を導入する時にはシミュレーションを行う事で予想発電量を把握する事が出来るので投資の時にはシミュレーションは必須と言えましょう。

シミュレーションの方法についてご紹介

シミュレーションを行う時には太陽光発電システムを設置する当道府県やエリアを選択する事から始めます。地域により日照時間に違いがあり1日の発電量に差が出て来るため地域を選択する必要があります。次に、設置する環境を選択しますが、土地を購入して太陽光発電投資を行う場合は陸屋根や土地などを選択し、工場や所有ビル、住宅などの場合は屋根の形状を選択します。
次に、ソーラーパネルの種類や太陽の向き、設置面積およびソーラーパネルの設置台数、屋根の傾斜角度、日陰の状況や積雪の有無などの諸条件等を入力していく事で年間の発電予想が出来ます。
設置後はシミュレーション通りに発電が出来ているのかを発電メーターを使ってチェックをしておきましょう。

© Copyright Saving Electricity. All Rights Reserved.